Browsing Category

演劇

  • 演劇

    mizhen『夜明けに、月の手触りを~2016~』

    やっとmizhenのお芝居を観ることができた。 佐藤蕗子のお芝居は何度も観ていたが、彼女が所属する劇団mizhenについては縁がなく観ることができなかった。でも、今回はちがった、なぜか観なければならない気がして、スケジュールを空け、mizhen『夜明けに、月の手触りを~2016~』の初日を観劇した。 結論から言おう、mizhen主催で脚本・演出の藤原佳奈は「鬼才」だ。優れた人間を言い表すコトバは沢 […]…

  • 演劇

    鈴鹿経由美濃行き

    劇団フルタ丸を追いかけて岐阜県美濃市に来ている。 今週末、三重県の鈴鹿サーキットでは元嶋佑弥が参戦するスーパー耐久が、そして約100km離れた美濃市では劇団フルタ丸が本公演ツアーを行っている。もう、なにも悩む必要はなかった。東京から鈴鹿まで400km弱、そこから100kmあまり、1日で500km移動したが苦は全く無い。そう言えば、昨年のF1日本GPの際は鈴鹿から大阪に移動しカトキットのリリースツア […]…

  • 演劇

    かわいいコンビニ店員飯田さん第4回公演 新作・再演短編集『どりょく』

    遠い、遠すぎる、、、正直、失敗したと思った、とりあえず予定が空いていたから行くと答えてしまったお芝居の会場が北池袋だった。なんだよ、北池袋って、池袋から歩ける場所じゃねーじゃん、、、。 演劇の街・下北沢から、新宿・池袋という東京を代表する2大ターミナルを経由し、着いた駅は北池袋。初めて降りる駅、でも、降りた瞬間なにか親近感の沸く街、、、というのはウソだ、そんなのんきなことを考えている余裕は全く無い […]…

  • 演劇

    下北沢の鬼才『フルタジュン』

    フルタジュンという人がいる、下北沢で劇団フルタ丸を主宰している人物だ。彼との出会いは下北沢関係者の会合だった。そのときは彼がどのくらい凄い人物なのかさっぱり分からなかったが、時折漂わせる雰囲気に何かを感じたことを覚えている。 彼のお芝居を初めて観たのは2012年の夏、10周年記念公演『うつくしい革命』だった。そして、このお芝居から劇団フルタ丸の公演に足を運ぶ日々がはじまった。…