じぶんのはなし

2017年へ


2017/1/1 02:12、いつも以上にドタバタな大晦日、気付いたら年が明けていた。内容は何も考えずに、Wordpressから2017年初めての投稿をする。思考ダダ漏れの内容だから、よほど暇か、よほどこの41才のおっさんが気になる人以外は読まない方がいい。

2016年はとにかくめちゃくちゃな一年だった。当初、封印したファンクラブがらみのサービスを創ろうと動き始めたけど、遅々として進まず。そうこうしているうちにCAMPFIREがほぼ同様のサービスをリリースし、自分たちのサービスは再び完成することなく封印されることになった。

それと同時に、今年は年初からとにかくライブハウスに足を運んだ。なぜか関西のバンドに惹かれ、関西にも何度となく足を運んでいたけど、その中でも4月13日南堀江knaveで行われたイベント『バス待ちズ。presents【【キッカケ】】Vol.03』が運命的なイベントだった。

別のバンド目当てで行ったつもりが、完全に「ヒミツノミヤコ」というバンドに魅了されてしまった。あの時はハッキリと認識していなかったけど、ライブアクト+寸劇というスタイルもさることながら、5人のキャラの濃さがとにかくぐっさりと刺さってきた。なんなの、このバンド。

でも1回見ただけじゃ何も判断できない。しかし、タイミングとは面白いモノで、4月19日に代々木Zher the Zooで早くも2回目のヒミツノミヤコを観ることとなる。そして、このバンドに完全にはまった。5月24日には下北沢MOSAiCに来ることもあり、なんとしてもこのバンドのことを伝えたい使命に駆られた。

地球から徒歩5分、秘密の都という星から来たガールズバンドと名乗っているこのバンドを勝手に自分の印象だけで紹介してはいけない。もはや洗脳状態にあった自分は5月10日心斎橋JANUSにいた。その日の宴(彼女たちはライブのことを宴と呼んでいる)の取材、そしてインタビュー。基本的に好きなバンドしか取り上げることはない、少なくとも5・6回くらいライブを観てから本当に取り上げるか考えはじめる。正直、2回しか観たことがないバンドに取材するのは初めてだ。ちなみに、その時の記事はこれだ。

ヒミツノミヤコ - ミュージックピックアップ

今読み返しても色々突っ込み所が多い、自分にもこのバンドにも。でも、この日、そして5月24日の下北沢でも宴で、さらにこのバンドへの興味は加速することになる。

 

おい、まて、完全にヒミツノミヤコの話になってるじゃないか、、、確かに、彼女たちに魅了されたのは事実だけど、それだけって訳でもない。ただ、彼女たち、そして2015年に出会った「カトキット」を筆頭とした関西のバンドへの興味がふくらみすぎで、1年で20回くらい関西に行ったことは事実です、どう考えても行き過ぎやろ。でも、これだけたくさん関東以外でライブを観たのは初めてで、特に関西はそもそもライブの文化が違っていることもあり、下北沢という待ちの音楽シーンを考える上でとてつもなく参考になりました。

カトキットにしてもヒミツノミヤコにしても、下北沢でライブをやってるんですよ。よくよく考えると、下北沢でライブやってるバンドの3割くらいは関西や関東以外の地域から来てるバンドなんですよ。今までフツーだと思っていた事実なんだけど、自分が関西に行くことによって、それってスゴいことなんだなとめちゃめちゃ実感したわけです。

 

下北沢という街で会社を作って16年、シモブロを始めてからは5年目になるのかな。シモブロには現在1200本を超える記事があり、これまでは飲食情報を中心に下北沢全般の情報を扱ってきたけど、なんかハッキリとした色を出したいと思って音楽にシフトした1年。正直、結果は出てない。でも、確実に今までとは違う数字が出はじめている。今のところ、この領域には誰もいない。2017年も引き続き、下北沢×音楽を中心として動いていく所存であります。

あ、でも、関西行きは減るよー。1月14日南堀江knaveおしゃれキャッツ♪♯presents『宇宙規模の”ONGAKU”vol.3』と2月12日『DIPLOMA CIRCUIT 2017』以外の予定はありませーん。いやいや、それでも月1で行くんじゃん関西、、、。

You Might Also Like