ライブ2016

2016/2/23 『深田和良(モルグモルマルモ)』 西院ネガポジ


2016/2/23
『平日ノーチャージデイ サワラデザート/一文字風平/深田和良(モルグモルマルモ)』
西院ネガポジ
サワラデザート / 一文字風平 / 深田和良(モルグモルマルモ)
OPEN 18:30 / START 19:30
adv.free yen door.free yen

なぜか京都にいた。行き先は西院。西院? もう、大学生時代以来一度も行ってない場所じゃないか、、、。京都駅から205番のバスに乗ろうとする、目の前でそのバスは出てしまう。まあ、すぐに来るだろう、と思い時刻表を見るとバスが来るのは15分後、、、なんてことだ19時台の205番がこんなに本数が少ないとは。あんなに乗り慣れた205番の存在が遠く感じる(考えすぎ)。これは、もしかしたら駅から歩いた方が早いんじゃないか? 迷わず駅に戻り、嵯峨野線へ。何も考えず二条駅から西院方面へ歩く、がーん、思ったより遠い(当たり前)。15分ほどかけて、その場所に到着した。

ネガポジ

ネガポジ、もちろん始めてくるハコ。ライブハウスだけど、ちゃんとご飯もお酒も飲める場所。LOFT/PLUS1やLOFT Aに近いけど、もっともっとちゃんとご飯もお酒も出てくるし居心地がよい空間、らしい。この日はノーチャージデーだったので、入り口でフライヤーを受け取りカウンターに座る。ビールと鹿肉の味噌煮を頼む。てか、めちゃくちゃ安いなこのお店のフード、、、。しかも、鹿肉うめぇええええ。え? おかわり? ビールでお願いしますっ! やばい、これは久々に楽しすぎる音楽の時間を過ごせそうだ。

鹿肉の味噌煮400円

と、彼の出番がやってきた。深田和良、そう、日本を代表するホイチョイチョイバンドであるところの「モルグモルマルモ」でドラムを叩いている男だ。彼の弾き語りは初体験、果たしてどんなアクトを見せてくれるだろうか。よく分からないメモが残されていたので、それをそのまま晒すことにする。

ライブメモ:

西院ネガポジ移転記念の曲

阪急沿線の曲を

しょんべん

ひっでーー!!

でも、曲はすごいなー、いいなーー。

てか、ギター弾けるなー

大玉転がし

女装してたときになんとか

冬のだらけたカップルに送る曲

ひっつきもっつき

バンドマンの帰り道の曲

えっくす

マンモスのラブ

そのままイントロに入るパターン

バンドで歌いたいんだって、レコーディングしたいんだってー

寒くて、でも春の息吹が感じられる季節。季節を大事にしたいんです。そんな季節感をぶち壊す曲をやります。

デレデレて

、、、全然意味わかんない。デレデレてって、、、『téléthélété~テレテレテ~』の事だろう。もはや、メモにすら全くなっていない。仕方がないので、これまた大量に撮影されていた写真を勝手に晒してしまえ。

IMG_9113

うん、なんとなく思い出した、絶対にフロアにおりてくると分かっていたのに、実際に飛び込んでくると恐怖を感じてしまう。

ふっかんさんがちゃんと弾き語りしているのも、ちゃんと弾き語りしていないのも、どっちも見れて本当によかった。東京でも何度か弾き語りをしているけど、やはり京都のアーティストは京都で見るのが一番だ。なかなか、京都に来ることはできないけど、こういうチャンスをこれからもちゃんと組み込んで、一つでも多くのライブをチェックしたいと思いました。

えっと、当日はビール3杯の後、アホみたいに焼酎を飲みまくってただの酔っ払いでした。あー、でも、楽しかったなぁ、この日出演した他の2人ももちろんステキでしたよーーー。ネガポジはぜーったいにまた来たいハコです。もー、京都に泊まるときは中心地じゃなくて、西院方面に泊まろうかなぁ。

終演後、ふっかんさんとたまたまそこに居あわせたマフィアな人と記念写真。こういう写真はあんまり撮らないので珍しいんです。そう、酔っ払いなんですよ完全に、、、

終演後、ふっかんさんとたまたまそこに居あわせたマフィアな人と記念写真。こういう写真はあんまり撮らないので珍しいんです。そう、酔っ払いなんですよ完全に、、、

You Might Also Like