ライブ2016

2016/2/28 『モルグモルマルモ3rdアルバム「on Earth」リリース記念「Tour on Earth in Tokyo」』新宿紅布


2016/2/28
『モルグモルマルモ3rdアルバム「on Earth」リリース記念「Tour on Earth in Tokyo」』
新宿紅布
モルグモルマルモ / 指先ノハク / ぽわん / OA:ヘンレの罠

はい、モルグモルマルモのレコ発ライブです。まだ、ライブは2回しか観てないのにこんなに好きになっちゃってテンション上がるバンドも珍しい。それはひとえに彼らの素晴らしい音楽性と、いいキャラクター合ってのものだと感じています。このアルバム、本当にすっごいアルバムなのでぜひとも一人でも多くの方に聞いてもらいたいです。3/13のビーハプも来るからねー。あ、でも、今日来て新宿へーー!

で、対バンはぽわんと指先ノハク。もう、ぽわんについては何も書くことはありません、暴走特急。指先ノハクは2回目だけど、この前のライブが凄まじかったので今回も楽しみです。OAのヘンレの罠は観たこともないし初耳のバンドですが、公式サイトを見ただけでその危険性を感じられるので、楽しみです。モルグ・ぽわん・指先ノハクこの3バンドだけでもかなりの混戦乱戦が予想されますが、OAから何かが炸裂しそうな予感ですので、是非ともみなさん新宿へ! 紅布と書いて「レッドクロス」へ!!

新宿red cloth

【ヘンレの罠】

わー、MV観たよ、これはなかなか面白いバンドがOAになったのかも。ぽわんとも指先ノハクとも、もちろんモルグモルマルモとも違う系統!うん、確実にライブは楽しい系のアクトの予感。17:30スタートだからかなり早い時間だけど、盛り上がるぞ-これは!
ライブメモ: 想像していたよりもちゃんとしてるバンドだった、そしてとても楽しいバンド。1回見ただけじゃよく分からなかったので、是非とももう一度見てみたいね。

【指先ノハク】

このバンドが纏ってるオーラは凄まじい。この前のライブで戦闘力の高さを感じたけど、とにかく今日のライブはそれが正しい感覚だったのか確認したい。ガールズバンド? は? 何言ってるの、あなた? みたいな感じなんだよね。すっごいバンドだよ。
ライブメモ: なんだかいろいろおきたなぁ、ライブ中に弦を張り直すとか久々に見たかも。でも、そんなことお構いなしで、ちゃんとそんな時間も含めて自分たちのモノにしていた。やはり、バンドとしての戦闘力が高い、とても高い。自分たちの音楽を聴く側に伝える事に長けているというか、なんだろな伝わってくる情報量がとても多いんだよなぁ。ああ、なんかよく分かんなくなってきた、とにかく凄いバンドであることは事実です。
次はビーハプ!サーキットか、、あの悪夢のだだかぶり20時台。このバンドはTHREEに登場。THREEのあの空間を指先ノハクで満たされるシーンを見ることができるでしょう。

 

【ぽわん】

まー、説明不要だよねこのバンドは。でも、凄い勢いで殻を破って脱ぎ去って、ぽわんファンたるぽいずんも全然知らない世界に飛び込んでる。ある意味レッドオーシャンに飛び込んで、もみくちゃにされて、「あー、これだよこれこれ! さいこーーー!!」って叫んでる様をリアルタイムに観てる。うん、やっぱ、凄いバンドなんだよぽわんは。凄いクリエイターなんだよ、メイビーモエは。さあ、今日は何を見せてくれるかな、そしてどんな驚きをぽいずんに与えてくれるかな? 楽しみすぎます!!

ライブメモ:
1. 新曲(いのち短し活きよ乙女?)
2. かわいいっていわないと呪う
3. マイナーガール
4. 新曲(?)
5. トライアングルロマンス
6. 女の子と男の子
7. ハッピーミラクルラブソング
盟友たるモルグモルマルモのニューアルバムリリースツアーを祝うべく登場したぽわん。新旧織り交ぜてのセットリスト。じっくりライブを見ようと思っていたけど、なんだかそんな状況ではなく自らも前方でただひたすら盛り上がっていた。もしかしたらなんだけど、モエさんホントに口笛吹けないのか、そして、ホントに口笛を吹こうとしているのか? 4月20日のクアトロでどんなモエさんが見れるのか本当に楽しみだ。あししはいつも通りのエキセントリックぶり。久々にマリナさん側から見たけど、この人の安定感がこのバンドをしっかりと、本当にしっかりと支えていることを感じた。
次のぽわんはビーハプ!サーキット、そう指先ノハクとだだかぶり魔の20時台Cave-Be。今年初のサーキットイベント出演で、どんなアクトをぶちかましてくれるか、楽しみだ。

 

【モルグモルマルモ】

このバンドも形容するのが難しい、、、一言で言うと、、、言えない。あ、敢えて言うとすると多国籍感がある。いやいや、なんだよその表現、意味分からないよ。藤谷さんのVo.そして、なにかを1つわざと外してる感じの曲、ふっかんさんのキャラ、、、いやいや、宇宙さんの凄まじいギターに、石像さんの表現不能な存在感、そして、しほうさんの温かなキーボード。このバンドをこの5人で観ることができてよかった。


ライブメモ: 4月3日の京都nanoで脱退が決まっているしほうさんの東京ラストライブ。いやいや、泣くつもりなんてなかったのに、まんまと泣かされてしまったよ。アンコールで『シャラララ』はだめだよー。しかも、ふっかんさんが振り返ったらドラムセットにはしほうさんが座ってて、確か「ドラム!しほうっっ!!」って言い放ったんだよね。で、あのドラムですよ、二人で一つのドラムを叩く、そのフロアを圧倒するリズム、、、ああ、もう、これ見れないのか残念だな。でも、今日見れてよかったな、本当に。そのライブはその日そこでしか見ることができない。

あ、ちげー、涙が溢れたのは『ハバナイスデー』の時だ。このバンドはホントにカッコよくてエモくて、そして潔い、そんな曲ばっか持っていやがる。もー、いやん! もっと、東京に来て!!

セトリはこんな感じでした。

1. Life on Earth?
2. 猫の恋
3. トルクメニスタン
4. カッパ・キューカンバー
5. さらば! 魚
6. いつもの時間
7. ベリグー
8. ハバナイスデー
9. KANPAI
en. シャラララ

アンコール含めて10曲。10曲中8曲がニューアルバム『on Earth』から、まー、リリースツアーだから当然なんだけど、『トルクメニスタン』『Life on Earth?』『KANPAI』『シャラララ』『カッパ・キューカンバー』と俺が聴きたかった曲を完全にやってくれたので大満足です。

いや、最後の曲で『KANPAI』をやった瞬間に、アンコールは『シャラララ』だと分かって、これね、もうね、これだけでね泣けるんですよ、その曲がなんなのか、本当によく分かってるから。ふっかんさんのブログから解説を引用すると、

13.シャラララ(ホイチョイチョイ度:なし)

この曲は一つのドラムをしほう君と一緒に叩いております。他のライブでは中々観られない光景ですので、是非観に来てほしいですな。

しかし、ほんまに。
この曲の歌詞は凄い。
曲聞いて、歌詞カード読んで、もっかい曲聞いてほしい!

買う気にさせます!発売間近!モルグモルマルモ3rdアルバム『on Earth』を勝手に主観的全曲解説?〜後編〜

二人で一つのドラムを叩く様も凄いんですけど、何よりも曲自体がね、もうねエモ過ぎるんですよ。そりゃ、まあ、この曲をアンコールに持ってくるよなぁ。で、相変わらずアウトロが長いわけですが、この日ほどこのまま終わらないでくれーって思ったことはないんじゃないかってくらい、めちゃくちゃ終わるのが名残惜しかったんです。えーーーん、えーーーん! しほうさーーん!

あと、聞けてよかったなぁと思った曲は『いつもの時間』。ホントに、しほうさんがいるモルグモルマルモで聞けて本当によかった。てか、もはや、どの曲でも泣けるな、、、。

というわけで、モルグモルマルモのしほうさんラストをちゃんと見れてよかったです。モルグモルマルモはビーハプ!サーキットにも来るわけで、そこが4人でのモルグモルマルモスタートのライブとなるとのこと。そりゃ、絶対に見逃せない。しほうさんは4月3日の京都nanoがラスト、それ以降は『渚のベートーベンズ』で音楽活動は続きます。この前、京都に行ったときにアルバムを買いましたが、これまた凄まじいバンドですよ!! ライブで見る機会があるといいな。

というわけで、なんと出演4組中3組が3月13日に行われるビーハプ!サーキットに出演するという、モルグモルマルモのレコ発イベントでした!

で、そのこともあってモルグのライブ中に藤谷さんが、ビーハプ!の水口さんの話をし始めて、ああ、この人はなんてこと言うんだーって思ってたらフロア後方から「来てるぞー!」の声が。

あの瞬間のふじたにさんの表情、というかですね、目を見開いたシーンが忘れられません、、、。マジで、スローモーションで脳裏に焼き付いてるわ。

で、そんな水口さん、ライブ終わった後もいろいろな人に声かけてて、ああ、ホントに忙しくて体調もよくないのに(これは本当です)凄い方だと改めて思いました。ビーハプ!サーキット、人で埋め尽くしてぇ!!

You Might Also Like